プロボノってご存知ですか?

プロボノってご存知ですか?

ボランティアの一種なんですけど、いかにもボランティアってことでもなくて、
職業を生かした、私が思うに、ちょっとついでみたいな感覚のボランティア。
それに+アルファのオマケも何か返ってきそうな。

プロボノとは→
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100219/211732/

特に震災以後、
ほとんどの人が人助けしたいと思ってるのでは??
でも機会がなかったり、後一歩のとこをわざわざはしてない。
とかなのかな。

私は大阪なので東京をナナメに観るとこがあります。笑。
でもこういうの拡がるの早いのは東京なんだよねぇ。(東京弁です。)
なんでだろ。
やっぱ東京だよね。(東京弁です。)
とか悔しくも思う。
大阪ではプロボノの説明をするとこから始まるそうです。
私も知らなかったし。

私は芸術とかデザインとか、(特に芸術)は
誰かの為になることなのかなぁ?
と考える時があります。
誰かの気持ちを華やかすことができたらオッケイなのか?


グラフィックデザインだったら…
例えば病院とかで、
説明書が親しみやすく理解しやすいとか、
処方箋の袋が可愛かったりとか、
ごまかすのとは違う、
ちょっと低くなってる誰かのテンションを引き上げるデザイン?
誰かの為になるデザインって何だろう。


前置きが長くなりましたが、そこで知ったのが
「サービスグラント」(プロボノ)→
http://servicegrant.or.jp/

別に普段通りのことしてるのに、誰かの為になるのかも。
特別なことしなくても、誰かの為になるのかも。

グレーゾーンな問題で、
当事者にとっては重大問題で、
読む気がしないHPのデザインを見やすく親しみやすくして、
誰かの気持ちが楽になったり、みんなの問題になったり。

DVうけてるとか、
目が見えないので不自由してるとか、
普段意識してない困る状況って様々様々。

確かに私の小さい困ったでさえ、
調べようとしたら、
読む気もしなかったり、
読んでも意味が分からなかったり、
あるあるある!
しかも「うっとぉーしぃーデザイン」だったら、
不信感わくし!


そいでもってこういう事って、
なんだか偽善っぽいとこあったり…、
妙な笑顔があったり…
いやいやオモロないって、でもここは空気を読んで?スマイルするべき??

だって私って誰かを助けようとする
’めっちゃエエ人’なんだも~ん☆

も、あるあるある!!

オモンないもんはオモンないっ!
自分の笑いの感性を卑下してはいけないっ!
大阪人は許してはいけないっ!(←誰?)


それが私が引き込まれた理由はもう一つ、
このプレゼンをしていた方が、面白くてその人の魅力に引き込まれる!
お話上手で、ざっくばらん、しかも美人。
一緒に呑んだら楽しそう!(←見極めポイント、コレ大事)
憧れる!


私はこの人にまた会いたいと思って、説明会に行ってきました。
そしたらそこに集まってる人も、
手段は違っても同じ目標だからか話がしやすい。
いろいろな職種の方ともつながりが持てそうです。
自分にも誰かを助けることが出来るのかも。


引きこもり的な方とかも…、
こういうの参加する方にまわってみたら、
世界が変わるんじゃないかなー。


説明会申込みはコチラから→http://servicegrant.or.jp/skill/orientation.php
※会場入り口の階段が、夜行くとかなり怪しい…。
入ってしまうとカッコいい内装です。
強制入会とか勿論ありません。

※手段はデザインだけじゃなくて、
それぞれの得意分野、
情報収集役とかデータまとめ役とかいろいろあります。





本編に戻られるかたはこちら→→→
チャタニヒロコ作品集 Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
[PR]
by kokoruh | 2012-01-22 00:00 | デザイン

廃材を使ったコラージュ・着物デザイン。ココルが動いたことを記します。


by kokoru
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る