しゃれ紋 ~ Kokoru's original emblem ~



b0330908_18532789.jpg

『茗荷に蝶』


自身の着物を作成する際、
女紋(母方の紋ー母から娘、そして孫娘へと受け継がれて行く)
が分からなかったので、
「私らしいオリジナル紋」を作成することにしました。

父親の紋が「茗荷」それに「蝶」を加えました。

そもそもは女紋を入れるとはいえ、
幼い頃から馴れ親しんできた茗荷もすてがたく、
やはり父親と母親がいたからこその私です。
もっと言えば、そのまたお父さん、お母さんが…。

最初は脇役のイメージ「茗荷」
に、少し残念な思いがありました。
ところが調べているとちょっとユニークなお話が隠されていたり、
信仰に由来することが多かったり、
主役でないとはいえ、そういえば粋な存在。

そういえば、このお着物も「粋」ですよとオススメいただいた。
この「 粋」という日本語的表現もたまらない。

茗荷には小さい淡黄の花も咲きますから、「蝶」と合わせるのにも相性が良いです。
粋な女性として、花を咲かせる。

そしてあえて加えた「蝶」。
一昔前までは、女性は家の中にいる従属的存在でした。
しかし今の社会では、望めば大概のところへは出て行けます。
女性の自立と向上心、
そして女性として美しく変身したい。

こんな思いを込め制作しました。

着るたびにそんな私が思い描く、「素敵な女性」
をめざそうという気持ちにさせられます。
凛として、心地が良いです。

もちろんなくても気に入っていた着物ですが、
この紋があることによって、
私の着物を着た時の心情も一段上がり、更に愛着も湧いてきます。

大切にします。



b0330908_18535590.jpg




本編に戻られるかたはこちら→→→
チャタニヒロコ作品集Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
(※ブックマークをつけていただいている方はご面倒ですが、
変更をお願いします。リニューアルしています。)
[PR]
by kokoruh | 2012-08-01 00:00 | デザイン

廃材を使ったコラージュ・着物デザイン。ココルが動いたことを記します。


by kokoru
プロフィールを見る
画像一覧