幽霊・妖怪画大全集

大阪歴史博物館にて開催中、
『幽霊・妖怪画大全集』に行ってきました!
~JAPANESE GHOSETS AND EERIE CREATURES~
in Osaka Museum of History

http://www.mus-his.city.osaka.jp

忘れてましたけど、数年前鳥取に行った日から私は「妖怪部長」
なのでした。

英語でEERIE CREATURESって訳してありました。
確かに薄きみ悪いのもいるんだけど、
妖怪って、妖精のイメージの様に綺麗なファンタジーでなく…
両方ワルサするのもいるけど…
「なんで存在してるの?」的なのが好き。

何かに危害加えるでなく、マイペース。
だいたい「なんで存在してるの?」
とか私に言われたないやろうし!
落語の登場人物に似てるのかな??

ぬらりひょん とか、こんなんで妖怪の総大将って!
(だから「こんなんで」とか言われたないやろうし。)

記憶は薄いけど、
「ダラ~っと呑気に過ごすのが目的。
でも発する言葉は哲学的。」
みたいな事が書いてあった!

b0330908_23334677.jpg

※著作権の期間が過ぎている為、転載可能でした。


今回は幽霊画もたくさんあって、
もう…上手過ぎて怖かったでっすーーー!!
やたら会場が寒く、
余計に背筋がスーーーっと…。
会場が変わる度に暖簾でピロ~ンと入って行くので、
なんだかオドロオドロしい…。
うまい演出っ!

私的には全部を妖怪希望でした。

帰りにはこんな「顔出し写真」が撮れるスポットも!
b0330908_23334655.jpg

こういうのは外せないです。
「あっこから顔出すんでぇ、全体を撮ってもらえますぅ~?」
などとは頼めず、無念のまま会場を後にしました。

6月9日までです。


本編に戻られるかたはこちら→→→
チャタニヒロコ作品集Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
(※ブックマークをつけていただいている方はご面倒ですが、
変更をお願いします。リニューアルしています。)
[PR]
by kokoruh | 2013-05-02 00:00 | デザイン

廃材を使ったコラージュ・着物デザイン。ココルが動いたことを記します。


by kokoru
プロフィールを見る
画像一覧