人気ブログランキング |

タグ:紋 ( 3 ) タグの人気記事

初着物2014

今年に入ってもう2週間程ですが!初着物2014しました。

残り福☆のえべっさんにて!
この素晴らしい見晴らしのアーチジャパンさん事務所にて
http://archjp.com/store.html

b0330908_19230420.jpg

人多過ぎ~!


コレを眺めながら一杯(いや5杯か?)やってました!
贅沢な場所です。ありがとうございます!


b0330908_19230598.jpg

スナックのママみたいになってしもた。


一番お気に入りのお着物!
もったいなくてあまり着てなかったんだけど、
その方がもったいないことに今さら気が付く。

Kokoru's オリジナルの紋をつけてもらってるんです。
好きな紋を入れてもいいよ。と言ってくださり!
折角なので作成しました。
これがロゴの始まりです!!!
父親の茗荷紋と蝶の様にデビューしたい(どこへ?w)という想いです。

b0330908_19230581.jpg


ところで次の日、もう1回着物を着る練習をしました。
着ないと忘れてしまうんですよね==。
段取りの悪さに愕然としました…。
みなさんジャンジャン着物で出掛けましょうよ~!
英語と一緒な気がします。
失敗恐れてたら成長しませんっっw
現社会で使わな意味ありませんっっww

チャタニヒロコ作品集Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
by kokoruh | 2014-01-13 00:00 | デザイン

Kokoru's コンセプト


(8月1日 2012年 ブログからの続きです。)




b0330908_18522321.jpg




…そして

「そんな昔からの日本人の想い。」
「私たち一人一人がここに存在できること。」
「私の志」

が詰まった形をココルデザインのロゴマークにしました。

私は日本の文化、デザインやアートが大好きです。

一昔前の話のようでもありますが、
日本人は諸外国に何か引け目のようなものを持っているように感じます。

例えば…
『これって海外で評判だからイイモノに違いない。』という考え方。
北野たけし監督もそれを逆手にとり、
逆輸入の方法をとり映画や絵画をヒットさせました。

折角日本に生まれて、日本人の感性を持っているのに、
自分自身の感覚や感性をもっと信じてもらいたいです。

自然と共に、四季を感じながら生きてきた感性を。
たとえ自覚がなくても、
きっと遺伝子レベルで感じているはずです。

『私たちが普段目にする、
 いわゆる諸外国のブランドもののデザインの元は、
 全て日本文化から来ている。』

と岡倉天心氏も「茶の本」で言い切っていました。
加えて、「家紋」ともなると、
全てのデザインが集約された究極の形です。

何はともあれ「創作すること」が私の楽しみですが、
とにかく私の創作の基本は「日本の心」「日本のデザイン」です。

色は日本の春を思わすような若葉の黄緑と桜色のピンクです。
春は始まりの季節。
日本にはその感性の基礎となる四季があり、
そしてたとえ何があろうとも、始まりの季節が必ずやってきます。
何があろうとも。

私の創作物、デザインに触れてくださった方の
気持ちが、心が、ざわざわと動けば幸いです。








本編に戻られるかたはこちら→→→
チャタニヒロコ作品集Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
(※ブックマークをつけていただいている方はご面倒ですが、
変更をお願いします。リニューアルしています。)
by kokoruh | 2012-08-02 00:00 | デザイン

しゃれ紋 ~ Kokoru's original emblem ~



b0330908_18532789.jpg

『茗荷に蝶』


自身の着物を作成する際、
女紋(母方の紋ー母から娘、そして孫娘へと受け継がれて行く)
が分からなかったので、
「私らしいオリジナル紋」を作成することにしました。

父親の紋が「茗荷」それに「蝶」を加えました。

そもそもは女紋を入れるとはいえ、
幼い頃から馴れ親しんできた茗荷もすてがたく、
やはり父親と母親がいたからこその私です。
もっと言えば、そのまたお父さん、お母さんが…。

最初は脇役のイメージ「茗荷」
に、少し残念な思いがありました。
ところが調べているとちょっとユニークなお話が隠されていたり、
信仰に由来することが多かったり、
主役でないとはいえ、そういえば粋な存在。

そういえば、このお着物も「粋」ですよとオススメいただいた。
この「 粋」という日本語的表現もたまらない。

茗荷には小さい淡黄の花も咲きますから、「蝶」と合わせるのにも相性が良いです。
粋な女性として、花を咲かせる。

そしてあえて加えた「蝶」。
一昔前までは、女性は家の中にいる従属的存在でした。
しかし今の社会では、望めば大概のところへは出て行けます。
女性の自立と向上心、
そして女性として美しく変身したい。

こんな思いを込め制作しました。

着るたびにそんな私が思い描く、「素敵な女性」
をめざそうという気持ちにさせられます。
凛として、心地が良いです。

もちろんなくても気に入っていた着物ですが、
この紋があることによって、
私の着物を着た時の心情も一段上がり、更に愛着も湧いてきます。

大切にします。



b0330908_18535590.jpg




本編に戻られるかたはこちら→→→
チャタニヒロコ作品集Kokorubook http://www.art.zaq.jp/kokoru/
(※ブックマークをつけていただいている方はご面倒ですが、
変更をお願いします。リニューアルしています。)
by kokoruh | 2012-08-01 00:00 | デザイン

廃材を使ったコラージュ・着物デザイン。ココルが動いたことを記します。


by kokoru
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る